« トシさん展示@海洋大と、次の予定は? | トップページ | シャチの楽園・エトロフで起きていること »

2012年2月20日 (月)

子供たちと、クジラ三昧

みなさん こんにちは。
さかまた組の笹森です。

北海道はまだ、−3℃が最高気温 などという、冷凍庫生活です。
が、寒いのにも慣れて、それなりに普通に生活しています。


さて、
先週は、小学校や中学校で授業をするため、あちこちの学校に
お邪魔しました。

毎年恒例「私の夢と仕事」@母校の武揚(ぶよう)小学校では、
今年卒業していく6年生たちと共に、
自分なりの夢をもつこと、
それをかなえることの難しさと楽しさとについて、語り合い、
考えました。

子供たちに夢を という学校からのご希望で得ている時間ですが、
私の人生を振り返りながら、出会った動物たちや風景の素晴らしさを
語ることのできるこの授業は、
自分が向き合っていること・ものの価値を再確認するためにも、 
とても大切な時間となってくれています。

別の小学校では、小学生の3年生を相手にしたクジラの授業を。

実は、
子供ツアーでも、授業でも、いつも小学生高学年以上が対象だったので、
むか〜し、小学校で教師をしていたことのある私も、
「どれくらい話が通じるんだ!?」と、 かなり緊張しました。

 が!
授業が終わってみると、大盛り上がりで、とっても楽しかったのです、
これが!

小さい子供って反応が早くてはっきりしてますね。

話すものにとっては、全編、よりわかりやすく、明快なものにするための
最大限の努力が必要で、
だからといって、きっちり計画を練っても決してその通りには進まない、
刺激的な舞台。

それだけに、意図したとおりに笑ってくれたり、
びっくりしてくれたり、考え込んだりしてくれたりすると、
やった!と嬉しさ倍増。

真剣勝負のつもりでお邪魔しましたが、気がつくと、最後には
子供たちと大笑いしている自分がいたりして。

子供たちに話しながら、自分自身、
改めて、イルカやクジラたちの美しさ、大切さを、
純粋に見つめ直すことができました。

みんな、ありがとうね!
次は一緒に、イルカやクジラと会いにいこうね。

« トシさん展示@海洋大と、次の予定は? | トップページ | シャチの楽園・エトロフで起きていること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわー、さかまた組の授業うけて見たいです。

ほ、北海道でさかまた組さんの授業とは、羨ましすぎます。環境教育の授業と言えば、ウミガメを一年間子供たちが世話して、放流する小笠原(一部世田谷!?)とか、水俣のゴミ分別競争/ちきゅかんきょうマモルンジャー(水俣では28種類?!)とか、どれも楽しそうな授業ですよね。

私は都会の小学校で受験の準備ばかりしていて、見たことも、触ったこともないような「テストの答え」を一生懸命覚えた思い出しかありません。。。自然や文化がすぐそこに迫っているところで、受けていると、だいぶ違うだろうな~。東京にも是非出前授業を。

おじさんの私も、さかまた組さんのお陰で、今更ながら、不思議一杯の世界をいつもドキドキしながら、勉強しています。「う、偉い人でも分かってないことばかり」妄想力に磨きがかかる、まさに Blue Ocean がまだまだ広がっているんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちと、クジラ三昧:

« トシさん展示@海洋大と、次の予定は? | トップページ | シャチの楽園・エトロフで起きていること »