« 噴火湾のはなし | トップページ | シャチ、マッコウも踊る!  夏の「ファウラ」 »

2012年5月28日 (月)

道東海洋生物ネットワーク

みなさま、こんにちは。
笹森です。

さて、先週のさかまた組は・・
釧路で秋のイベント打ち合わせにいそしんでいました。
熱い議論をかわしあったのは、
昨年たちあげた「道東海洋生物ネットワーク」のメンバー達。 
そして、さかまた組はじめ、幾つかの参加団体がお世話になっている、
日本財団の“体は小さくても百馬力”の担当者・K女史でした。

釧路周辺海域の野生動物について、調査などを通して知り得た事実を、
いろいろな形で地域住民に還元することで、
環境教育や自然保全の意識向上につなげましょうという、この会。

釧路市立博物館、こども遊学館、漂着アザラシの会、
NPO法人BONOS 、そして Orca.orgさかまた組が
それぞれの持ち味をいかしつつ、コラボしています。

昨年は、子供や市民むけ海の動物達の展示 @こども遊学館、@博物館で開催。 
地元新聞やNHKの取材陣もやってきて、自分でいうのもなんですが、
けっこう好評を博しました。

今年もさまざまな企画を、準備中。
いったい何がとびだすか!?
実施がきまった段階で、このブログでもご紹介しますね。

札幌での展示も企画中です。

笹森琴絵

« 噴火湾のはなし | トップページ | シャチ、マッコウも踊る!  夏の「ファウラ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東海洋生物ネットワーク:

« 噴火湾のはなし | トップページ | シャチ、マッコウも踊る!  夏の「ファウラ」 »