« 釧路シャチ 再放送 | トップページ | 噴火湾のはなし »

2012年5月14日 (月)

ひときわ神々しいシャチのようです

みなさま、こんにちは。
5月病にかかっていませんか?

先日、
シャチ情報を求めてネットサーフィンをしていると、
あれあれ? 見覚えのある写真が。

見るだけで凍えそうな、冷たい景色の中に、
見慣れた、でか黒三角に並んでそびえたつ、でか白三角。

2010年12月に東京で開催された、
ビューティフルホエールプロジェクト主催の
ブライアントオースチン写真展」会場で、
長年の親友&兄貴&師である、
ラブリ~なナチュラリストのエリック・ホイット氏が
自慢気に見せてくれた写真でした。

「すっごい、なに?! フォトショップだよね?」ときくと、
エリックは、
「そう言うと思ったけど、NOOOOOOOOOO〜だよ!!!!!」と。

「兄弟や母親も知っている(一緒に写っているそうです)けど、
 彼らはいたって普通のシャチなんだよ。」
だそうです。

小さな写真でも、びびび、びっくりするのですから、
厳しい環境で目の当たりにする、本物の迫力はさぞや!
想像しただけでも、心臓がバフバフします。

きっと、
神々しいまでにまぶしく美しく見えるのでしょうね。
だって写真でも、陽光をはじいて、ぺかっと 輝いていますから。

たまには、日本沿岸まで、出張してきてくれないかな。

「アイスバーグ」と名付けられた、(その意味は記事でどうぞ)
タグイマレなるシャチの、写真と記事はこちら

エリックさんのコメント入りです。

野生のシャチが見たくなっちゃった方、
春なら羅臼、
秋なら釧路で、みられます。
ただし、白三角は(今のところ)いません。

ちなみに、
ニューヨークタイムズが特集した、ブライアント・オースティンの記事はこちら
日本での展示会@月島の様子も、ササモリのコメントで紹介されています(最後の二段落)。

ささもり

« 釧路シャチ 再放送 | トップページ | 噴火湾のはなし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひときわ神々しいシャチのようです:

« 釧路シャチ 再放送 | トップページ | 噴火湾のはなし »