« シャチの妄想にひたりつつ | トップページ | ひときわ神々しいシャチのようです »

2012年5月 7日 (月)

釧路シャチ 再放送

みなさん、こんにちは
さかまた組の笹森です。

長かったGWもおわり、しょんぼりしつつ日常生活に
戻った方も多いのでは?
しかも、最悪の天候でしたね。
海も大しけ続きで、陸にあがったカッパ状態の私は、
父母&妹と温泉三昧にふけっておりました。
はっきりいって、温泉は、大好きです。

さて、
先日、テレ朝のディレクターさんからお電話をいただき、
「釧路シャチを再放送します」とのこと。

てなことで、2日に放送されたようです。

残念ながら、メール環境になかったため、誰かに知らせることもなく、
事後報告となりました。

思えば、
「一日で撮影したい〜? いくらシャチのピーク時でも、
それは責任もてませんねえ」
なんていいながら、出航したあの日。

港を出て、
何かを感じて、いつものコースから15°ほど西へ進路調整し、
調査モードで進むこと、40分間。
釧路シャチ10年史上 最短時間で、でかい背びれをみつけた時には、
「まさか」と目を疑ったものでした。

馴染みの3頭のオス達は、
ディレクターのリクエストに応じて、
「次は船を背景に出てほしい」ずば〜(浮上した音)
「次は笹森さんの背後に出てほしい」ずば〜(同じく)
「次は3頭ならんで出てほしい」すば、ずば、ずば〜(3頭が浮上した音)
などなど、まるで言いなり。

いつもは愛想っけのない猛者トリオなのに、
あなたたち、もしや、ギャラでももらってる?(私はもらってない)
と、聞きたいくらい、サービス精神満点でした。


まったく思い通りにいかない海の生き物の撮影も、
テレビ局がらみだと、いつもこうなんですよ。
引きが強いというか、たいてい、きっちり撮影して、
意気揚々と帰っていくのです、テレビカメラマン達は。

恐るべし、メディア魂。

それとも、海の生き物も、出たいのでしょうか、テレビに。

まあ、これからも、
がんばって、撮影に協力してあげてくれたまえ。
あなたたちの存在を世間に知ってもらえるんだからね。

ささもり


« シャチの妄想にひたりつつ | トップページ | ひときわ神々しいシャチのようです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログはたびたびチェックしてましたが、初めてのコメントです。
偶然ですがテレビ見ましたよ♪
帰宅して電源入れたらちょうどそのチャンネルでまさに”ずば~”の瞬間。
おっ!羅臼か釧路か?きっと羅臼やろな~、と思ってたら笹森先生のインタビュー画面。
なんと釧路でした。

おそらくコーナーのだいぶ後半やったのかシャチのシーンはそんで終わりでした・・。
きっと観察ツアーで会ったことのある子やったかもしれません!
また会いに行けたらイイなぁ☆

めそめそちゃん、コメントありがとう。
電源いれたとたんに、「ズバ〜」とは、呼ばれたみたいに、
タイミングいいですね。
そう、あなたが釧路で会った、ニックやソリマチくんたちです。
テレビ映りもよかったでしょ?(わたしのことでなく)

また今年も、いらっさい。
イケメンシャチ〜ズと一緒に、おまちしてます。

ささもり

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釧路シャチ 再放送:

« シャチの妄想にひたりつつ | トップページ | ひときわ神々しいシャチのようです »