« さかまた組便り あれこれ | トップページ | さかまた授業@天沢小学校 »

2012年12月 3日 (月)

海と学生達

みなさん、こんにちは。

笹森@すでに真冬に突入した感のある、北海道です。

 

先日の室蘭工業大学での講義。

最終日に提出してもらったレポートには、

何が書かれているか知りたいなあ

という声をいただきましたので、

ここで、ちょっとばかりご紹介を。

写真は、レポートに取り組む学生さんたちです。

写真の別バージョンが見たい方は、さかまた組フェイスブックへどうぞ。

2012113011270000

 

「クジラという生き物については、知らないことばかりだった」

という意見に並んで、一番多かった感想・意見は、やはり、

「海の生き物が身近な存在だとは、考えたことが無かった」

ということ。

 

自分とは全く関係ないと思っていた“あるもの”が、

以外に身近だと知ると、

親近感を感じたり、改めて興味を抱いたり、

好きになったり と、何かしら、

心に変化が生じるものですよね。

 

で、学生達も、

そんな、テレビや雑誌や水族館でしか見たことのない生き物に

室蘭で、北海道で、会えるんだ と知ると、

「嬉しくなった」「もっと知りたい」「自分で見てみたい」

と感じたようです。

 

また、

野生動物達の生活が、自分たちのそれと近いどころか、

直結している部分が多々あることを知ると、

自分の生活習慣をちょっとは変えないといけないかな 

と感じた学生もけっこういてくれたようですよ。

 

さらには、

「自分が建築現場に関わるようになったときには、

それが自然に及ぼす影響について、十分に考慮したいと感じた」

という、意見も。


そうなんです!

 

それができる立場にある若者達を相手に、

私の果たすべきは、

彼らの手持ちのパステルに、“海”という色を加えてもらう役割。

その色も加えた、新しい未来を描いてほしい。

 

さて、

今日はこれから、小学校での授業。

待っているのは、5年生の子供たちです。

 

会場へでかけるたびに毎回であうのは、

世代も興味も立場も全く異なる人々。

 

どうしたら、一人でも多くの方々の心に響き、

記憶に残るお話ができるのか、

切磋琢磨の日々です。

 

といっても、私の味方はこんなに素敵なイルカやクジラ達。

Kotoemusha1


相棒たちが人気者ですから。

それだけで、得点?の半分以上は、

ゲットしているようなものなんですけどね(^-^)

ささもり

« さかまた組便り あれこれ | トップページ | さかまた授業@天沢小学校 »

海もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354373/48033830

この記事へのトラックバック一覧です: 海と学生達:

« さかまた組便り あれこれ | トップページ | さかまた授業@天沢小学校 »