« さかまた組の、今年一年 | トップページ | 海の子供たちと、釧路の生き物@登別マリンパーク »

2013年1月 7日 (月)

ダーウインで、原点に戻る

あけましておめでとうございます。

今年も、海の生き物たちと、

さかまた組をよろしくお願いします!

 

さて、

さっそくですが、みましたか?

昨夜のNHKダーウィンが来た

オオミズナギドリたちの、

雄々しくもけなげな生活、感動ものでしたね。

実は御蔵島には、大いなる思い入れがある私。

 

病気のために、教師を辞職、長いリハビリののち、

これからどう生きていこうと、

悩み多き日々を過ごしていたころに、

ふと見たテレビで紹介されていた女性、Yさん。

 

たまたまダイビングに訪れた御蔵島で出会ったイルカたちと共に生きたいと、

東京のOLをやめて島へ移住した ということ。

うわあ、すごい。かっこいい人がいるなあ。

 

てなわけで、すぐに彼女と連絡をとり、

互いに相談相手となり、励まし合うこと、2年間。

 

そんな中でみつけた私自身のイルクジへ続く道を、

懸命に歩き続けて、今の自分があります。

 

というわけで、私にとっての、物語の始まりの場所。

 

その島を、実際に訪れることが出来たのは、

それから10年以上がたってから。

東京都認定ガイド講習の、講師として でした。

心の友だった彼女は、すでに元の生活@東京に

戻っていましたが、

新たな仲間が迎え入れてくれました。(マンプ、ありがと!)

 

森と海に囲まれた、イルカや海鳥の躍動する、

こんもりと、まぁるい島を、

いっぺんで、大好きになったことはいうまでもありません。

 

今回の「ダーウイン」は、その御蔵島の、

オオミズナギドリ特集。

島の周りの海と森、そして、

はるか東北から北海道沿岸を舞台に

繰り広げられるストーリーは、とても見応えがありました。

加えて、

その番組中で、私のカマイルカとイワシの映像が

使われたことは、自分にとって、

とても象徴的に感じられて、感慨もまた格別。

 

特に、イワシが海中から噴水のように飛び出してくるシーンや、

イワシを追いつめるカマイルカの躍動する姿は、

数少ない、会心の作なのです。

 

Images

ちなみに、オオミズナギドリはこちら。

 

カマイルカのまわりを舞っている鳥達。

 

北海道でミズナギドリというと、こんなイメージも。

 

こちらは、羅臼沖のミンククジラとハシボソミズナギドリですが。

Images2

 

最近、不安定すぎるこの先の自分の姿を思い、

悶々と過ごしている私には、

「原点に戻ってみる」、絶好の機会となってくれました。

 

で、今の気分は?

 

ここまで来たら、悩んでないで、

やるしかないぞ〜。

 

みなさん、それぞれに大変でしょうが、

一緒にがんばりましょ〜!

オオミズナギドリや島のことはなんでも、御蔵島の

フェイスブック か、観光協会へ。

 

ささもり

« さかまた組の、今年一年 | トップページ | 海の子供たちと、釧路の生き物@登別マリンパーク »

海もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354373/48633320

この記事へのトラックバック一覧です: ダーウインで、原点に戻る:

« さかまた組の、今年一年 | トップページ | 海の子供たちと、釧路の生き物@登別マリンパーク »