« 日本財団ブログ 「イルカがくれた第2の人生」 | トップページ | 海へ!シャチの学校 in 釧路 始動 »

2013年6月24日 (月)

噴火湾、カマイルカウオッチングシーズン突入!

 

みなさん、こんにちは。


さかまた組の、ささもりです。

 

さて、

カマイルカの来遊に合わせ、いよいよ始まった、

イルカ・ウオッチング@噴火湾(北海道室蘭市沖)。

22日が私の今期初同行でしたが、5月から季節運行をはじめた、

先輩会社からも、私が同行する会社の船長からも、

耳にする情報は、「みない」「いるけど遠い」などという、

寂しい話ばかり。

不安を抱きながらの出発進行でしたが・・・。

 

出た~!

 

300頭はいようという大群が、太平洋側から大挙して 

押し寄せてくる場面に、ばったりでくわしました。

 

噴火湾のアイドル、カマイルカたちです。

 

イルカの周りに、数千にものぼるハシボソミズナギドリや

ハイイロミズナギドリの群れが。

なんと、豪華な光景でしょうか。

海と空と、地球岬と、イルカと海鳥の大群が生み出す、

壮大な風景。

Photo

もう18年も見ているのですが、いつでもじ~んとなってしまいます。

 

遊んでくれそうな船(私たちね)をみつけた若者たちは、

さっそく波乗り&競争にやってきました。

 

前後左右どこをみてもイルカ、イルカ、イルカの世界・・。

どこまでもついてくるイルカに、お客さん達は大パニックです。

20130621

いやあ、何度味わってもいいですね、カマカーニバル。

その後の土日も、カマに、ミンククジラに、イシイルカと、

レギュラー陣のそろい踏み。

特に、近年、遭遇率が激減しているミンククジラとの出会は、

びっくり&嬉しかったですね。

Img_4489

写真は、ミンククジラと有珠山。

カマとは正反対の、ゆったりさが魅力です。

 

もっと詳しく知りたい方は、

ウオッチングに同行するたびに書き込んでいる、

スターマリンkk のブログへどうぞ。

 

 

さて、

そうはいっても、噴火湾まで見に行けないよ~とお嘆きのかた、

実はNHKハイビジョン特集「カマイルカの楽園」(H17年)

という番組で、彼らに密着取材したことがあります。

 

私も出てきて、うっとおしいですが(撮影&出演)、

ジャンプに子育てに餌とりに・・

噴火湾で過ごす彼らのほぼ全てがわかります。

アーカイブスに入っているそうなので、

ぜひ、そちらをどうぞ。

当時の放送協会理事会議事録↓

全国放送では、17年11月、

ハイビジョンふるさと発「カマイルカの楽園~噴火湾 生命の海」を放送し、

カマイルカの詳しい生態やイワシが噴水のように吹き上がるシーンなど

学術的に貴重な映像を撮影し、

海外の専門家から高い評価を受ました。」

 

でも、どうやったら観れるかは、わかりません・・。

 

ささもり

« 日本財団ブログ 「イルカがくれた第2の人生」 | トップページ | 海へ!シャチの学校 in 釧路 始動 »

海もの」カテゴリの記事

コメント

北海道周辺の自然がこれほど豊かだったとは…。
とても感動しました。
どうか、末永くこの活動を続けてください。
がんばってください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354373/52159254

この記事へのトラックバック一覧です: 噴火湾、カマイルカウオッチングシーズン突入!:

« 日本財団ブログ 「イルカがくれた第2の人生」 | トップページ | 海へ!シャチの学校 in 釧路 始動 »