« カマイルカと過ごす夏@噴火湾 終わる | トップページ | あんな感性、こんな感性 »

2013年8月26日 (月)

噴火湾の白いイルカ、世界をかける

みなさん、こんにちは。

さかまた組のササモリです。

 

今月中旬をもって、今年はクローズした、

噴火湾のカマイルカウオッチング。

 

カマイルカについては、

東京大学、三重大学、北海道大学などの学生や研究者によって

たくさんの研究がなされましたが、

いつも注目の的になっていたのは、

美白系の、カマイルカです。

 

白いといっても

下半身?だけ白いステテコ型、

上半身が白いTシャツ型、

全体に白っぽいウスラボンヤリ型など、

(型の分類 by ささもり)

それぞれに個性があって面白いので、

過去には東大の学生が

カタログを作成したこともあります。

 

歴代美白カマで群を抜いて白かったのは、こちら。

名付けて「マロ」は、眉毛のような模様と、

尾びれの後縁が黒いのをのぞき

あとは真っ白。

まっ青な海に翻る姿に、とても目を引かれました。

乗船していた若いアメリカ人たちが、

狂気していた光景が、今でも目に浮かぶようです。

 

 

1003214_313168585496187_1796999601_

群青色の海にいっそう生える

白い白い、カマイルカ。

 

先日、FBで紹介するや、まずは国内で、

そして国外でもシェアされ続け、

世界中からコメントが。

マロ人気、すごいです。

一番もりあげてくれたのは、親友のエリック・ホイト氏が

シェアしてくれたFBページ。

  Russian Orca

あの、白いシャチで世界中をにぎわした、人気サイトです。

白化の原因も過程もわからない、

噴火湾の白いカマイルカたち。

これまでに、遺伝、海洋汚染など、

多角的な研究が試みられましたが、

いまだ、何もわからず。

 

いつか、彼らの謎が解ける日が来るのでしょうか。

ささもり

« カマイルカと過ごす夏@噴火湾 終わる | トップページ | あんな感性、こんな感性 »

海もの」カテゴリの記事

コメント

こんちは。お久しぶりです。噴火湾お疲れ様でした。今夏は時間がある割にはタイミングが合わず、羅臼にも室蘭にも行けず・・。ブログ&FBで出来事を紹介してくれるので、妄想ばかりしてました。てか、マロかわゆいです。毎年見れるんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354373/53038505

この記事へのトラックバック一覧です: 噴火湾の白いイルカ、世界をかける:

« カマイルカと過ごす夏@噴火湾 終わる | トップページ | あんな感性、こんな感性 »