« ひっそりと、海で起きていること | トップページ | 噴火湾の白いイルカ、世界をかける »

2013年8月19日 (月)

カマイルカと過ごす夏@噴火湾 終わる

みなさん、こんにちは。

さかまた組のササモリです。

 

 

子供たちや、学生たち、

そして観光客のみなさんと一緒に楽しんだ、

カマイルカと過ごす夏。

 

今年は、先週の13日を最後に、

クローズとなりました。

 

14日以降は、室蘭史に残る大雨や濃霧で

出港できませんでしたが、

11日あたりから大群に会えなくなっていましたので、

この悪天候の間に、本隊は移動を終えたはず。

 

来遊が遅かった分、去るのも遅くなるのでは?と

関係者は予測していましが、

それどころか、例年よりも早めの移動。

 

海の生き物に関する過去の経験やデータが、

あまり役に立たなっくなっている状況は、

ここ、噴火湾でも同様です。

 

さて、

簡単に振り返る、

噴火湾2013夏。

 

まずは、今年最初のウオッチングでの発見。

6月21日でした。

 

一年ぶりに出会ったカマに、

誰よりも私が興奮。

 

夏の別荘についたばかりの彼らも、

遊びたそうにのぞいていました。

 

2013062210294422f

市民ツアーや、室蘭工業大学の留学生および室蘭看護学校生対象の

体験ツアーにガイドとして同行。

 

さらに、

今年からスタートした東海大学生物学部の実習も。

同大非常勤講師である私は、現場指導にあたり、

苦楽をともにしました。こちらは下船後。

みんな、いい顔してるね!!

 

556415_540240322691136_1999593118_n



出会えたのは、小さな小さな赤ちゃんをつれた、母親。
 

20130803104044dd4

 

目撃したのは、華麗なジャンプ。

 20130803104100041

 

そして、海面をはじけるように飛んでいく、

エネルギッシュな若者達。

20130624112042d4d

 

悲しいことに、漁具にからまって息絶えた姿も。

20130804081837c3a



さらに今年は、

海の貴婦人・ミンククジラとの出会いも、

2度ありました。

 

こちらは6月。有珠山を背景に。

20130624112016d75

 

こちらは8月。大きくて丸い背中がゆったりと。

20130812081113579

 

どれも心に強く残る場面ばかり。

自然界のドラマには、どんなに感動的な

映画もかないません。

 

さて、

来年は、どんな場面と出会えるか。

今からとっても楽しみな、ササモリでした。

協力:スターマリンkk

« ひっそりと、海で起きていること | トップページ | 噴火湾の白いイルカ、世界をかける »

海もの」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいショットの数々拝見させていただきました。
さすがです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354373/52940012

この記事へのトラックバック一覧です: カマイルカと過ごす夏@噴火湾 終わる:

« ひっそりと、海で起きていること | トップページ | 噴火湾の白いイルカ、世界をかける »