« シャチの学校イン釧路2013 中間報告 | トップページ | 釧路のすんごい思い出 その2 »

2013年12月 4日 (水)

釧路のすんごい思い出 その1

みなさん、こんにちは。
さかまた組の笹森です。

早いもので、釧路調査が終わってから、すでに3週間。

いまだに、クジラたちのあんな姿やこんな姿を夢に見て、

歓声をあげては、自分の声で目がさめる日々です。


さて、

今日は、特に印象的だった、すんごい光景シリーズ その1。

ナガスクジラVSシャチです。


ナガスも、シャチも、釧路沖の常連さんであることは

この11年間にわたる調査などからもわかっていますが、

まさか一緒に見られるとは、想像したこともありませんでした。


シャチの群れの中に、違う背びれが?

じっと見ていると、浮上してきたのはなんと、ナガス!

うわあ、長い!ナガスだあああ!

Photo_2

ナガスの下顎は、右側が白く、左側が濃色。
こちらは白い側。体長およそ20m。



てなところから始まった、シャチVSナガスの対決。

追うシャチに、逃げるナガス。

Photo_3
ナガスの左側横顔。頭、でかっ。
後を追うシャチの背びれ、ちいさっ。


かみつくシャチに、お尻をふって振り払うナガス。


Photo_4
大きなものに身を寄せる習性そのままに船に逃げてきたナガスと、
私たちを「邪魔!」とばかりに、にらみつけるシャチ。


そして、後半は、逆切れしたナガスに、追われるシャチ!



2時間にわたって繰り広げられたドラマの結末は、

引き分けでした。

ちょっと、ホッ。


最後に集まって何事かを相談をしていたシャチの群れは、

すごすごと退散。

シャチの退散を確認すると船から離れたナガス。

その鼻息の荒かったこと。

「ふん!簡単には食われないぜ!」と、

長い長い背中が言っているようでした。


海の王も、いつも狩りに成功しているわけではなく、

捕食される側も負けてばかりでない。

深いなあ、海。

こんな光景に出あわせてくれて、

ありがとうございます、海の神様。

と、4人の観察者(教育大生、酪農大生、鳥の調査員、私)と船長は

ありがたく帰港したのでした。


すごいな、釧路沖。


* 写真やテキストの無断使用、転載はご遠慮ください。

ささもり

« シャチの学校イン釧路2013 中間報告 | トップページ | 釧路のすんごい思い出 その2 »

海もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354373/54144172

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路のすんごい思い出 その1:

« シャチの学校イン釧路2013 中間報告 | トップページ | 釧路のすんごい思い出 その2 »