« 釧路シャチ、東京進出 まぢか! | トップページ

2014年2月21日 (金)

東京イベント 大成功に終わる

みなさん、こんにちは。

さかまた組です。

終わってしまいました〜、東京イベント。

昨年秋から、北海道釧路総合振興局の担当者・金野氏や

道東海洋生物ネットワークの仲間達と、

あれこれがんばってきただけに、ホッとしたと同時に

寂しい気分にも。

知られざる釧路の素晴らしさを、

地元を飛び出し、より広くお伝えしたいという道の企画にのっかった、

この取り組み。



思った以上の反応と、手応えに、達成感はみっちり。
「なんで、釧路にシャチなの!?」

「シャチって、日本にいるの?」などと驚く皆さんに、

「それはですね〜!」と自慢する気分は格別。

この10年間、見つめ続けて来た”釧路シャチ”の魅力を

あれやこれやのツールや手法でお伝えした2日間でした。



* ト〜クショ〜 「海の神様と、その仲間達」の様子。

1579771_588743814541080_1344140123_
2日間、共に立ち見続出! 
悪天候のなか、ありがとうございました。




* ワ〜クショップ「ちっちゃいシャチを作ろう(折り紙)」の様子。
1654085_620985791283255_1264980699_ 
こちらも、子供の列がなかなか途切れない人気ぶりでした。
ありがとうございます!



* 展示の様子。 

1897848_620937667954734_235915545_n

空を泳いでいるのは、シャチの母子のほぼ等身大模型。
ママの体長、6m強!


期間中は、北海道も負けるような大雪で、交通大混乱でしたが、

思いがけない人の入りで、嬉しい悲鳴でした。

ご来場いただいたみなさんがいつか、この会場で得た知識を

現地・釧路で生かしてくださる日がきたなら、

スタッフ一同、「ほんとに、行ってよかったね!東京!」と、

ますます喜べると思います。

みなさん、次は、釧路でお会いしましょう!



最後に、

仲間にいれてくださった 釧路総合振興局さま&FMくしろさま、

助成していただいた 日本財団さま、

模型を保管していただいている フィッシャーマンズワーフMOOさま 、

苦労と喜びを共にした ネットワーク、特にBonosのお二人、

いつも親切にしていただいたシティアイの皆さま、

素敵な冊子を作成し、現地でも大活躍だった北海道新聞の森山さま、

想定外の暴風雪で、なんと現地に来られなかったみなさま、

大奮闘の担当者、濱野さま、

などなど、全ての関係者のみなさま。

そして誰よりも、来てくださったみなさま!


おつかれさまでした & ありがとうございました!

« 釧路シャチ、東京進出 まぢか! | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354373/55082941

この記事へのトラックバック一覧です: 東京イベント 大成功に終わる:

« 釧路シャチ、東京進出 まぢか! | トップページ